記事詳細

いつまで沈黙守るのか日本学術会議 「学問の自由」侵害、ラムザイヤー教授糾弾問題 「不誠実だ」歴史研究家ら再度質問状

 「慰安婦は性奴隷ではなかった」という学術論文を書いた米ハーバード大学ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授に反対勢力から「学問の自由」への侵害といえる糾弾活動が続いている問題で、新たな展開だ。日本の歴史研究家らが「日本学術会議」に対し、見解を求める公開質問状を送ったが、正式な回答はなかった。国立アカデミーとしての姿勢が疑われるため、9日に再質問状を送るという。

 「学術会議は不誠実だ」

 民間団体「国際歴史論戦研究所」の藤岡信勝上席研究員兼理事はこう指摘した。

 藤岡氏らは6月3日、ラムザイヤー論文の撤回要求や、教授辞任を求める活動は「学問の自由」の侵害にあたる重大事案として、日本学術会議にどう対応するかを迫った。だが、6月末まで直接的には回答が得られず、改めて7月末を期限に見解を問うことにした。

 藤岡氏は「また正式な回答がなければ、学術会議は『学問の自由』の侵害をないがしろにするような組織だとして、各方面に『廃止』を働きかける」と語っている。

関連ニュース