記事詳細

働き盛りの後回しは妥当か 40~50代はワクチン“置き去り世代” 接種6000万回突破も「重症者が増えたら社会崩壊を招く」 (1/2ページ)

 国内の新型コロナウイルスワクチン接種は12日時点で6000万回を突破し、65歳以上の1回接種率は約76%、2回接種率は約47%に達した。高齢者の感染や重症化の減少傾向は顕著だが、置き去りの感があるのが働き盛りの世代だ。感染「第5波」で40~50代の重症者が増えつつあるのに接種が“後回し”とはおかしくないか。

 東京都のモニタリング会議の資料によると、入院患者の年代別比率は3月時点で70~80代が40~50%、40~50代は20%前後だったが、7月7日時点で50代が約21%と最多で、次いで40代が約18%だった。

 12日時点の重症者55人の内訳も70代の18人に続いて多いのが50代の16人だ。小池百合子都知事も「50代問題への重点的な対応」が必要だと語る。

 “8割おじさん”こと京都大の西浦博教授らのチームによる試算では、8月上旬に重症者用の病床使用率が70%を超えるが、重症者は40~50代が中心だとした。

 東北大災害科学国際研究所の児玉栄一教授(災害感染症学)は「変異株により若年者の重症化率が1・5~2倍程度に上がるという報告もある。また、高齢者の重症化が減って自粛ムードがゆるむことも懸念される」と語る。

関連ニュース