記事詳細

【東京五輪と日本】大胆なコロナ対策しか次期衆院選に活路なし 「五輪だけは無観客は不平等」菅首相にも欲しい宮城・村井知事の心意気 (1/2ページ)

 東京都議会選挙の勝敗評価は、少し間違っていると思う。

 小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の議席減少は予想より少なかったが、大幅な議席減だから知事与党としては「敗北」だ。大阪での、日本維新の会の勢力と比べるべきだ。

 小池氏が過労入院でやつれた姿をみせ、東京五輪や新型コロナウイルス対策で政府と対立しない一方、都民ファーストの会には「無観客」という公約をさせて「良識」を装ったことが好感をもたれた。感染状況の拡大を順風に変えるマジックの成功だ。

 立憲民主党と共産党の獲得議席合計34議席は、過去の選挙での野党第一党と共産党の合計と比較すると、前回よりましだが「敗北」である。

 公明党は大苦戦のはずが、候補者全員が当選した。コロナ禍で従来型の運動が難しいのにさすがだった。ただ、他宗教ほどではないが、創価学会も会員数の維持が難しくなっている影響が出てきているとすれば心配だ。

 自民党は期待外れだったが、自民党や菅義偉内閣の支持率は、コロナの感染状況だけで上下しているので、投開票時に感染者数が増加したから「負けた」だけだ。

 東京五輪は「ほどほどの成功」で終わるだろう。高齢者のワクチン接種率が上がれば、重症者や死者は増えない。職域接種で数を増やすより、強い希望者が接種できる状態をつくることが重要だ。特に、飲食関係者は犠牲にされているのだから優先すべきである。

 欧米では「ワクチン・パスポート」が導入され、接種者限定での規制解除が始まっている。今後、新型コロナに罹患(りかん)しても、行動規制を受けても接種しない本人が悪いとする方向だ。

関連ニュース