記事詳細

文大統領、訪日断念「残念」 日韓首脳会談に改めて意欲

 韓国大統領府高官は20日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が東京五輪開会式に合わせた訪日見送りを決めたことについて、とても残念だと述べたと明らかにした。今回は実現しなかったが、文氏は今後の日韓首脳会談開催に改めて意欲を示し、日本との実務協議を続けるよう指示したという。

 大統領府の朴洙賢(パク・スヒョン)・国民疎通首席秘書官はラジオ番組で、韓国側が望んでいた成果に若干届かなかったため見送りを決めたが「相当な進展があったことは事実だ」と述べた。具体的にどのような進展があったかは明らかにしなかったが、今後、外相会談などにつながっていけば「良い結果となるのではないか」と期待した。

 相馬弘尚・駐韓総括公使の不適切発言については「見送りの決定的なきっかけとなったわけではないが、国民感情を無視できなかった部分はある」と影響を与えたと明らかにした。(共同)