記事詳細

【海外こぼれ話】おしどり夫婦のガン 雄の手術を雌が見守る

 米マサチューセッツ州の野生動物保護センターで、ガンの雄の骨折手術を、保護されていないパートナーの雌がガラスドア越しに見守った。米メディアが伝えた。

 2羽は近くの池にすみついており、職員が足をけがした雄を保護した。手術の準備をしていたところ、ドアをつつく音がして雌が突然現れた。手術が終わるまでその場を離れず、麻酔から目覚めた後に職員がドアを開けると雄に毛繕いをしたという。

関連ニュース