記事詳細

五輪の開閉会式統括役・小林賢太郎氏を解任 コントで「ホロコースト」題材 米メディア「PRの大惨事」

 最後の最後までドタバタ劇となってしまった。東京五輪の開閉会式の制作・演出チームで統括役の「ショーディレクター」を務める小林賢太郎氏(48)=写真(上)、Tokyo 2020提供=が、芸人時代にコントでホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を題材にしていたとして、大会組織委員会が22日、解任を発表した。

 問題となったのはお笑いコンビ「ラーメンズ」時代の23年前のコント。NHKの教育番組「できるかな」のノッポさんを思わせる扮装をした小林氏が、ゴン太くん風の男を演じる相方の片桐仁(47)=同(下)=と新しい工作について思案するなかで、片桐が「人の形に切った紙いっぱいあるから」と言うと、小林氏が「ユダヤ人大量惨殺ごっこやろうって言ったときのヤツな~」と言い、プロデューサーから放送できないとして怒られた-という内容だった。

 これがネット上で拡散され、米ユダヤ系団体が非難声明を出すと、組織委は即座に解任を決めた。小林氏は組織委を通じ「当時の自分の愚かな言葉選びが間違いだったことを理解し、反省しています」と謝罪。片桐も謝罪コメントを出した。

 海外では、サキ米大統領報道官が組織委の判断を支持し、英BBCが「醜聞続きの東京五輪に新たな不祥事」、米ブルームバーグは「PRの大惨事」と報じた。