記事詳細

8月にも「1日1万人」東京の新規感染者 “8割おじさん”西浦教授が試算

 新型コロナウイルスの感染が急拡大している。東京都の22日の新規感染者は1979人まで増加した。都内は緊急事態宣言が発令中だが、専門家は、現状のペースで感染爆発が続けば、8月にも「1日1万人」の新規感染者が出ると試算する。

 22日の感染者の内訳は、20代の658人が最多となるなど50代以下が全体の約95%を占めた。65歳以上は約3%でワクチン接種の効果がはっきり出ている。死者は新たに確認されず、重症者も1人増だが、入院患者が78人増の2544人と増えているのが特徴だ。

 都内の新規感染者は、直近1週間平均で前週から1・5倍以上になっている。「8割おじさん」こと西浦博・京大教授の予測では、前週比1・5倍が続くと8月中旬以降、1日1万人前後、同1・3倍でも5000人と試算した。

 NTTドコモがまとめた22日午後3時時点の人出は、東京の主要駅や繁華街計12地点のうち8地点が前の休日の18日から増えており、ワクチン非接種者の感染はまだ広がる恐れがある。

関連ニュース