記事詳細

ワクチン接種、1回目を終えて「酒場」に復帰する人たちの本音 (1/3ページ)

 7月12日に決勝を終え、PK戦でイタリアが優勝したサッカーEuro2020の試合会場では、マスクをしていない観客たちが、大声で試合に一喜一憂して楽しんでいた。ワクチン摂取率が高いために実現となったことを知り、ワクチンさえ打てれば辛抱だらけの生活から脱出できると思った日本の人も多いはずだ。ライターの森鷹久氏が、1回目のワクチン接種を終えて、やりたいことをやり始めた人たちについてレポートする。

 * * *

 渋谷や新宿、そして池袋など、緊急事態宣言下の繁華街で酒を飲み、大騒ぎする若者の姿をマスコミが連日報じている。だが、現実には若者以外の「酒飲み」も、続々居酒屋など酒の飲める飲食店に復帰している。

 「一年以上、外で飲むことはありませんでした。でも、緊急事態宣言もこれで四度目ですよ? 慣れもあるだろうし、何より『もう打ってる』という安心感が、私をここに来させたんですよ」

 仕事終わりの生ビールを片手に、赤ら顔で筆者に力説したのは、都内の大手ゼネコン社員・富田雄一さん(仮名・30代)。

 富田さんは6月、会社の職域接種で1回目のワクチン摂取を終え、7月の下旬には2回目の摂取も控えている。そして、富田さん自身も、2回の接種を終えないとワクチンの効果が薄い、ということを当然知っている。にもかかわらず「もう打ってる」と安心してしまうのは、1回は接種したことが過信、コロナ対策はできているという思い込みになっているのかもしれないと漏らす。

 「実際1回は打ってるから……という自信というか。外で酒を飲みたいという欲求を満たすための方便かもしれませんが、2回目を打っても本当は、即、外で飲めるというわけでもないし。それなら、もう今飲んじゃうか、みたいな」(富田さん)

NEWSポストセブン

関連ニュース