記事詳細

動物生態画の第一人者 学習図鑑のイラストは「野生動物への憧憬獣画です」 (1/2ページ)

 子供のころ“夏休みの友”だった、学習図鑑。自由研究のために、自然のなかで見つけた昆虫や植物を図鑑で調べたという人も多いだろう。

 今も昔も学習図鑑に欠かせないのが「イラスト」だ。そのイラストは、どのように制作されているのか。日本の動物生態画の第一人者で『小学館の図鑑NEO [新版]動物』にも携わった田中豊美さん(81)に、イラストが図鑑に果たす役割や制作工程について訊いた。

 「図鑑に掲載する動物のイラストは、その種の典型的な姿を描かなくてはいけません」と、図鑑の仕事ならではの鉄則を語る田中さん。

 「そのためには実際の動物の典型的な姿を知る必要がありますが、個体差もあり、どれが典型的な姿なのかも調べないといけません。私がこの仕事に専念し始めた約50年前は動物の資料がわずかしかなく、古本屋街で外国のハンティング雑誌などを買い集め、動物の写真を切り抜いて自分の資料を作りましたね。写真を元に想像力を駆使し、様々なポーズやアングルを考えて描く訓練を重ねました。東京都の多摩動物公園にもずっと通っています」

 絵本や雑誌の挿絵とは異なり、図鑑はより厳密な正確さが求められるという。

 「未だに“背筋はこの線で本当にいいのか”などと自分に問いかけながら描いています。図鑑ではイラストにも必ず監修・執筆者の学者や専門家の方の厳格な点検が下絵段階から入り、OKが出るまで何度でも修正します」

NEWSポストセブン

関連ニュース