記事詳細

動物生態画の第一人者 学習図鑑のイラストは「野生動物への憧憬獣画です」 (2/2ページ)

 鉛筆で下絵を描き、OKをもらうとアクリル絵の具で彩色する。その後もチェックを受け、ゴーサインが出るまで修正を繰り返して掲載に至るという。図鑑では写真も使われるが、イラストの方が毛並みなど細部がはっきりとわかる場合も多い。

 「写真は本物の動物を撮っているので、絵よりも本物なんです。だけど、写真によって光の当たり具合はまちまちですし、しっぽが隠れていることも。そんな場合は絵の方が正確な姿を表現することができます」

 田中さんが描く動物は生き生きとしていると高い評価を受けている。

 「子どもの頃から動物に魅せられ、動物に変身して山野を駆け巡りたいという願望が私の絵の原点。言わば“憧憬獣画”なんです。自分が健康でいないと絵も元気にならないので、毎日筋トレして鍛えています(笑い)」

 【プロフィール】

 田中豊美(たなか・とよみ)/1939年生まれ、三重県出身。印刷会社に勤務し、デザインやイラストの仕事をしながら動物画を学ぶ。69年に上京。以降、動物画に専念。『小学館の図鑑NEO [新版] 動物』など多くの図鑑や生物関係図書に携わる。

 取材・文/上田千春 撮影/藤岡雅樹

 ※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

NEWSポストセブン

関連ニュース