記事詳細

【海外こぼれ話】まさに九死に一生…クマに襲われ続けた男性が救出

 米アラスカ州で、沿岸警備隊のヘリコプターが小屋の屋根に「SOS」と書かれたサインを見つけ、男性を救助した。雲を避けるため進路変更した際に気付いたという。米メディアが伝えた。

 男性は発見されるまでの数日間、同じクマに襲われ続け、足や胴体を負傷。寝不足が続き弾も尽きかけ、携帯電話も通じず連絡手段がなかった。沿岸警備隊の指揮官は「一つ隣の川筋を飛んでいたら、彼を見つけることはできなかっただろう」と語った。