記事詳細

中国がミャンマー国境に800kmの有刺鉄線のフェンス敷設 国境封鎖 (2/2ページ)

 雲南省の25の県は、ミャンマー、ラオス、ベトナムと国境を接しており、中国の国境線は4060kmにも及んでいるが、そのうち、中国・ミャンマーの国境線は約2000kmに達している。

 ミャンマーではクーデター後の混乱が続き、医療機関も十分に機能していないため、感染者や感染が疑われる人の多くが中国領内で治療を受けようと国境越えを試みているという。

 ミャンマーでは以前から国境の山岳地帯を通るあまり知られていない道を使って中国領内に入り、食糧は電化製品などを買っており、国境をまたぐ少数民族の親戚も頻繁に行き来していた。

 また、国境周辺には、ミャンマーの反政府を標榜する少数民族民兵が、武器や麻薬を輸送するために使っている道路もあり、中国側はこれらのルートも遮断しようとして、中国人民解放軍を送り込んでおり、民兵側との戦闘も起きているという。

NEWSポストセブン

関連ニュース