記事詳細

安倍前首相の不起訴は不当 「桜」夕食会、再捜査へ

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用補填(ほてん)問題で、東京第1検察審査会は公選法違反容疑などで告発され不起訴(嫌疑不十分)となった安倍氏について、一部を「不起訴不当」と議決したことが30日、分かった。東京地検特捜部が再捜査する。

 議決書によると、不起訴不当となったのは有権者に寄付行為をしたとする公選法違反容疑と、資金管理団体会計責任者の選任監督に対する注意義務違反があったとする政治資金規正法違反容疑。

 検審は付言として、「首相だった者が、秘書がやったことだと言って関知しない姿勢は国民感情として納得できない。きちんと説明責任を果たすべきだ」と求めた。

 安倍氏は30日、「検察当局が厳正な捜査を行い、私や私の事務所も真摯(しんし)に対応し全面的に協力をした結果、不起訴との判断が示された」「当局の対応を静かに見守りたい」と国会内で記者団に語った。

関連ニュース