記事詳細

【東京五輪と自衛隊】パラ五輪と軍の深い関係 「負傷後も国のため」元自衛官選手が第一人者 (1/2ページ)

 東京五輪が閉会(8月8日)すると、続いて東京パラリンピックが開催される(8月24日~9月5日)。自衛隊による支援は規模が縮小されるが、ここでも引き続き行われる。日本ではあまり知られていないかもしれないが、本来は「パラリンピックと軍との関係」は密接だ。

 パラリンピックは第二次世界大戦の負傷兵が治療をしていた英ロンドン郊外のストーク・マンデビル病院で、1948年に行われたアーチェリー大会が始まりだった。当時、負傷兵の中でも脊髄を損傷した兵士は医者からもサジを投げられることが多く、生涯寝たきりで暮らさねばならなかった。生きる気力を失う人も後を絶たないなか、スポーツに取り組むことで兵士たちは希望を取り戻していったという。

 現在も世界のパラリンピックの選手には、多くの軍出身者がいる。特に、米国ではイラクやアフガニスタンで負傷した人たちへの支援の一環として、選手の育成を積極的に行っている。退役軍人の社会復帰や医療費の削減にもつながる取り組みだ。充実したトレーニング環境が提供され、「障害を負ってもなお、スポーツの分野で国のために戦う」という意識も涵養(かんよう=自然に養成すること)される。

 かつて、わが国でも軍とパラリンピックの関係が深い時代があった。

 日露戦争後、傷病兵を受け入れるための施設「廃兵院」が東京につくられた。そこが、「傷兵院」と改称されて1936(昭和11)年に箱根に移転した。日中戦争が始まると、さらに脊髄損傷の将兵を受け入れる「傷痍軍人箱根療養所」が併設された。

関連ニュース