記事詳細

【東京五輪と自衛隊】パラ五輪と軍の深い関係 「負傷後も国のため」元自衛官選手が第一人者 (2/2ページ)

 戦争が終わり東京五輪の開催が正式に決定されると、脊髄損傷者や下半身麻痺者の選手を選ぶ必要が生じ、箱根療養所から日本代表選手53人のうち19人もの戦傷病者が集められた。

 「そんなことが可能なのか!?」

 戸惑いはあった。何しろ選手といってもほとんどが未経験者だし、この時点で開催まで1年を切っていた。しかし、彼らは懸命に練習に打ち込み、結局、銀メダル4つ、銅メダル3つを獲得したほか、多くの選手が上位に入賞したのだ。

 時代は移り、元自衛官選手の活躍もあった。

 73(同48)年、陸上自衛隊で作業中に大ケガを負い、下半身不随となった山本行文さんは「車いすマラソン」で日本の第一人者となり、パラリンピックに出場している。

 現在の日本では、傷痍軍人がパラリンピックに出ることはない。だが、遠くない過去に戦争で苦労した人たちがメダルを獲得してくれたこと、また、自衛官にも任務で負傷し生涯ケガを背負わねばならない人たちがいることを、これを機に、思い出してもらえたらありがたい。 =おわり

 ■桜林美佐(さくらばやし・みさ) 防衛問題研究家 1970年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、ディレクターとしてテレビ番組を制作後、防衛・安全保障問題を取材・執筆。著書に『日本に自衛隊がいてよかった』(産経新聞出版)、『自衛隊の経済学』(イースト新書)、『自衛官が語る災害派遣の記録』(並木書房)など。

関連ニュース