記事詳細

ベラルーシの陸上美女、亡命を希望 「政権批判」とされ強制帰国も投獄の恐れ、羽田で搭乗拒否

 ベラルーシ代表として2日の東京五輪陸上女子200メートル予選に出場予定で美女として知られるクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が1日、強制的に帰国させるためチームによって羽田空港に連れて行かれたと、ロイター通信などが伝えた。ツィマノウスカヤは帰国すれば投獄される恐れがあるとして航空機への搭乗を拒否し、オーストリアへの亡命を求めている。

 AP通信によると、支援するベラルーシの人権団体は「既に安全な場所に移された」とし、欧州の外交官と接触する予定だと明らかにした。

 ツィマノウスカヤは、女子1600メートルリレーに出場するメンバーをめぐり、SNSでコーチを批判したことで、「政権批判だ」とされたうえ、強制帰国をさせられそうになったと訴えているという。

 ベラルーシ国営ベルタ通信は、ツィマノウスカヤの精神状態に関する医師の判断に基づき、コーチが大会参加を取りやめる決定をしたと伝えた。

 国際オリンピック委員会(IOC)は報道を踏まえて「状況を調査し、ベラルーシ・オリンピック委員会に説明を求めている」と明らかにした。

 ベラルーシでは、強権支配を続けるルカシェンコ大統領が民主化運動を弾圧し、欧米から非難を受けている。同国オリンピック委員会の会長は、大統領の長男、ビクトル氏が務めている。

関連ニュース