記事詳細

「金正恩に統一なんか無理」北朝鮮女性のブチ切れ発言が波紋 (1/3ページ)

 韓国の公共放送KBSは昨年8月、韓国国民1000人を対象に、南北統一に関する世論調査を行った。統一の必要性を問う質問に対し、「大きな負担さえなければ統一するのが良い」が44.2%で最も多く、次いで「相当期間現在の共存状態を維持すべきだ」が24.3%、「統一されないほうが良い」が16.2%で、「必ず統一されなければならない」は15.4%で最も少なかった。

 統一に肯定的な人は2018年の66.0%から2020年には59.6%まで減少。年代別で見ると、最も多い50代では64.7%であるのに対し、最も少ない20代では54.7%だ。また、統一の費用負担が懸念されると答えた人は50.8%、許容できる費用負担は「年収の1~5%未満」が29.3%、「年収の1%未満」が26.5%となった。

 「是が非でも統一しなければならない」という教育が消え、統一に対して現実的な見方をしている人が多い韓国に対して、北朝鮮では世論調査はないものの、おそらく多くの人が統一を渇望しているものと思われる。それが転じて、苦しい生活から抜け出したいがあまり、戦争への期待を口にする人さえいる。

 (参考記事:「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世論が台頭

デイリーNKジャパン

関連ニュース