記事詳細

五輪会場での「旭日旗禁止」韓国側説明を否定 組織委、IOC方針変えず

 また、韓国側の「反日」暴走なのか-。東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は9日、韓国のオリンピック委員会を兼ねる大韓体育会が、五輪会場での旭日旗使用を国際オリンピック委員会(IOC)が禁じる見解を書面で示したと説明したことについて、「事実ではない。IOCに確認した」「IOCは今までのスタンスと何ら変わっていない」と否定した。

 大韓体育会は8日の記者会見で、IOCと協議した結果、「政治的な宣伝活動を禁じる憲章50条を旭日旗にも適用するとの決定を書面で受け取った」と主張していた。

 IOCは共同通信の取材に対し、大韓体育会に文書を送ったことは認めたものの、旭日旗を禁止したとの韓国側の説明を否定。広報担当者の声明として「(IOCの)立場を再確認したが、それ以上の声明や解釈は行わなかった。文書の内容は規則(五輪憲章第50条)と、その具体的な履行を明確にしたものだ」と回答した。

 旭日旗は、日本国内で古くから使われてきた。戦前・戦中は陸海軍旗として使用され、現在は自衛隊が「連隊旗や軍艦旗」として用いている。国際的にも認められ、各国軍との共同訓練でも掲げられている。

関連ニュース