記事詳細

デルタ株にモデルナの方が有効か 感染予防効果はモデルナ76%、ファイザー42% 米研究チーム ワクチン確保戦略に影響か

 米国の研究チームが、世界各国で感染拡大している新型コロナウイルス変異株(デルタ株)に対するワクチンの感染予防効果が、米ファイザー製よりも、米モデルナ製の方が高い可能性があるという研究結果を公表した。今後のワクチン確保戦略に影響するのか。

 米国のメイヨー・クリニックなどの研究チームが公表した論文によると、今年1月から7月まで、ミネソタ州の接種者と非接種者、5万人以上を対象に比較研究を行った。

 両ワクチンとも、感染予防効果と入院(重症化など)予防効果に高い効果がみられた。

 ただ、ミネソタ州ではデルタ株の占める割合が5月に約0・7%だったのが、7月に70%以上になり、条件が変わった。

 7月について比較したところ、入院予防効果はモデルナ製が81%、ファイザー製が75%で、感染予防効果はモデルナ製が76%、ファイザー製が42%だったという。

 インド由来のデルタ株は、従来株と比べて感染力が2倍、アルファ株(英国株)に比べて1・5倍高いとされる。アルファ株よりも、熱やせきなどの症状が出やすいなどと指摘される。

 日本でも従来株との置き換わりが急速に進み、今月初旬時点で陽性例に占める割合は関東で約90%、関西で約60%と推定されている。

 米デューク大学などの調査によると、日本でのワクチン確保数(接種回数)を割合でみると、ファイザー製が全体の約47%を占めるのに対し、モデルナ製が約24%で2倍近くの差がある。

関連ニュース