記事詳細

結果次第で菅政権危機、横浜市長選 IR誘致反対の山中、小此木両氏が競り合い

 横浜市長選(22日投開票)は終盤戦に突入した。立憲民主党推薦の横浜市立大元教授、山中竹春氏(48)と、菅義偉首相が支援する前国家公安委員長の小此木八郎氏(56)が激しく競り合い、4選を目指す現職の林文子氏(75)が追う展開だ。横浜市は菅首相のお膝元だけに、選挙結果は今後の政局も左右しそうだ。

 「科学者の意見をないがしろにする菅政権が招いた結果だ」

 山中氏は演説で、政府の新型コロナウイルス対応や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致に反対している。

 小此木氏もIR誘致中止を訴える。ただ、林市政下で誘致を推進してきた自民党には正反対の主張で、一部が林氏を推す分裂選挙となっている。

 東京五輪前までは、官邸周辺で、パラリンピック閉幕(9月5日)後に衆院を解散し、その後で自民党総裁選-というシナリオが語られていた。

 ただ、新型コロナ第5波の直撃を受け、菅内閣の支持率が20%台で低迷するなか、もし野党系候補が勝つ事態となれば、自民党内で「菅首相で衆院選を戦えるのか」「総裁選を先にすべし」という意見が噴出しそうだ。

 

 【横浜市長選立候補者】

 太田 正孝75 元市議   無新

 田中 康夫65 元長野県知事無新

 小此木八郎56 前防災担当相無新

 坪倉 良和70 水産会社社長無新

 福田 峰之57 元衆院議員 無新

 山中 竹春48 元大学教授 無新

 林  文子75 市長    無現

 松沢 成文63 前参院議員 無新

 (届け出順)

関連ニュース