記事詳細

飯塚被告は収監されるのか 池袋暴走、禁錮5年判決 「検察はあくまで実刑収監求めるが…」体調で執行停止も (1/2ページ)

 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し、9人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)に、東京地裁(下津健司裁判長)は禁錮5年(求刑禁錮7年)の実刑判決を言い渡した。在宅で捜査が行われ、「上級国民」との指摘もあったが、飯塚被告は収監されるのか。

 公判で弁護側は、自動車の電気系統の異常でブレーキが利かなくなったと主張したが、判決は「異常や故障の痕跡はなく、仕組みや構造からも考え難い」と退けた。

 亡くなった松永真菜さん=当時(31)=と長女、莉子ちゃん=同(3)=の遺族、松永拓也さん(35)は判決後の記者会見で「むなしい思いもあるが、遺族が少しでも前を向いて生きていくきっかけになる」と話した。飯塚被告は判決に不服があれば2週間以内に控訴することができる。松永さんは「心情としてはこれ以上争いたくないが、控訴する権利は尊重している」と強調した。

 元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は、判決について「飯塚被告は公判で罪を認めず反省する様子もなかったようだが、事故以前は90年近く真面目に生きてきたともいえる。求刑通りの禁錮7年では厳しいとした妥当な判断ではないか」と指摘する。

関連ニュース