記事詳細

コロナワクチン「効果が低い人」「効果が維持しにくい人」についての調査結果 (1/4ページ)

 副反応への恐怖を感じながら2回目の新型コロナウイルスワクチン接種を終えた人も多いはず。しかし、時間の経過とともにその効果が低下するという事実もある。

 ファイザー製は、2回目接種から2か月後までは発症予防効果96.2%で、半年後には83.7%に低下するとされる。モデルナ製は2回目接種から半年間は93.2%だが、ウイルスに対抗する物質である「抗体」の低減が予想されるため、追加接種が必要になるとの見方を示した。

 一方、米大手医療機関によると、現在世界で猛威を振るうデルタ株に対するファイザー製の効果は、従来株の予防効果76%から42%へ低下、モデルナ製は86%から76%まで下がったという。

 そうした現実に目を向けて、弱ってきたワクチンの効果を高めようと、3回目接種に踏み切った国がある。

 昨年12月に初回の接種を開始し、世界のワクチン接種をリードするイスラエルだ。2回接種後の新規感染者数の増加を受けて、今年8月から3回目の接種を始めた。

 アメリカも9月20日から3回目接種をスタートすることを表明し、イギリス、フランス、ドイツなどもこの動きに追随する構えだ。

 「いちばん早ければ10月終わりから11月になる」

 日本でも河野太郎ワクチン担当相が8月29日のテレビ番組でこう発言し、3回目接種の実現に意欲を見せた。

 河野大臣は、医療従事者は「10月終わりから11月」、高齢者は「来年1月から2月」との見通しを示し、3回目の接種では1~2回目とは異なる種類のワクチンを打つ「交差接種」を検討していることも明かした。

 8月末には東京の若者が接種の抽選のため渋谷に2000人の行列をつくり、1回目を受けたくても受けられない人の多さが明確になっただけに、「3回目」は気が早いと思う人もいるかもしれない。

 だが世界を見れば、すでに3回目接種はスタンダードになりつつあるのだ。

NEWSポストセブン

関連ニュース