記事詳細

【永田町美人秘書】天気が悪いと秘書にあたる“ヅラ議員”

 天気が悪いと、秘書のX君は憂鬱になる。Y議員が不機嫌になるからだ。もしかしたら、ぴったりと地肌に密着させているヅラの中が蒸れるからかもしれない。先日など車から降りたとたん、「なぜ、雨が降っているんだ!」と、運転していたX君の頭をポカリ。私はたまたまそのシーンを目撃して、びっくりした。

 「あの時はまだマシでしたよ。そんなに痛くなかったし」

 諦めたように言うX君は、実はもっと“痛い”思いをしたらしい。

 「数カ月前ですけど、一方通行の道路を逆方向に『進め』と言うんです。いや、まずいでしょうと言うと、『国会議員のオレがいるんだから、大丈夫だ』と自信満々。仕方ないからそのまま入っていくと、案の定、警察の車があったんですよ」

 その時、Y議員はどうしていたかというと…。

 「後部座席で顔を隠して座っていましたよ。もちろん警官に『国会議員だ』とは言うはずない」

 なお罰金はX君が自腹で払い、Y議員は知らん顔。そりゃかなり“懐に痛い”話だわねえ。

関連ニュース