記事詳細

【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】菅首相の不出馬発表前、河野氏と甘利氏の意味深長な発言 自民党総裁選のキーマンに番組でインタビュー (1/2ページ)

 自民党内の政局が非常に慌ただしくなってきました。「総裁選前に衆院選をやるのかやらないのか」「この人の動向は? あの人は?」と、私が担当するニュース番組「飯田浩司のOK!Cozy up!」(月~金曜午前6-8時)でも、日替わり定食のように見出しが次々と差し替わっていきます。

 こうしたなか、今週はスペシャルウイークです。この予定は前から決まっていたので、政府・与党の政策キーマンに話を聞き、コメンテーターの皆さんも含め、「未来に向けて提言してもらおう」という企画を随分前から温めていました。

 放送するころには「ワクチン接種が随分進むだろう」「デジタル庁も動き出すだろう」「経済安全保障も重要だろう」…。そんな想定で、ゲストをブッキングしていたらニュースが動き、「今、大注目の人物が話す!」ことになりました。

 特別ゲストは、河野太郎行革担当相と、自民党の甘利明税調会長です。最近の政局で、さらに渦中の人となり、マスコミから「誰に会った」「何を言った」といった政局的な興味で聞かれることが多かったそうです。

 それだけに、わが番組が未来に向けての政策論を聞くと、生き生きと、時に予定時間をオーバーして話してくれました。

 と、ここまで書いたところで、「菅首相、次期総裁選出馬断念」という速報が入ってきました。「えっ!?」と思いながら2人のインタビューを思い返してみると、「なるほど、こういう事態も意識していたのかな?」と思える発言がいくつかありました。

関連ニュース