記事詳細

北朝鮮兵士「密閉空間で45人死亡」軍事パレードの陰で (1/3ページ)

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は9日、建国73周年を祝う「民間および安全武力閲兵式が、平壌の金日成広場で盛大に執り行われた」と報じた。閲兵式は同日未明に行われたと見られる。

 新型コロナウイルス対策で厳しい防疫措置を敷く中、敢えて閲兵式を行ったのは、経済制裁とコロナ禍、自然災害の三重苦で経済難が深刻化する中、国民に団結を訴える目的からと思われる。

 しかしその陰では、凄惨な事態が繰り広げられている。

 国内での新型コロナウイルス感染者の発生を認めていない北朝鮮。だが、隔離者、死者が大量に発生しているという話は後を絶たない。

 昨年12月の時点で、朝鮮人民軍では5万4620人が隔離され、隔離施設における死者は累積で4180人に達したとの報道もあった。一時期ほどではないようだが、依然としてコロナの集団感染が発生しているようだ。

 (参考記事:北朝鮮軍で4000人死亡…金正恩の「コロナ対策」崩壊か

 デイリーNKの江原道(カンウォンド)の軍情報筋は、黄海北道(ファンヘブクト)平山(ピョンサン)に駐屯する第2軍団の指揮部傘下の伝染病臨時病棟で7月から8月にかけて、45人もの軍人が死亡したと伝えた。病棟は既に閉鎖され、患者は別の建物に移された。

 (参考記事:「気絶、失禁する人が続出」北朝鮮、軍人虐殺の生々しい場面

デイリーNKジャパン

関連ニュース