記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】菅首相の退陣表明はいい引き際 「空手に先手なし」の言葉通り トップにすがりつくよりよっぽどいい (1/2ページ)

 菅義偉首相の退陣表明で、自民党総裁選の動きが騒がしくなっているね。連日、候補者たちの動向が大きく報じられている。相撲でいきなり横綱不在が起きてしまい、ほかの力士たちが優勝争いに必死になっているような感じだ。

 当初、菅さんは2期目に向けて意欲を示していたとされている。ところが二階俊博幹事長の交代といった党内人事がうまくまとまらなかったといわれていて、首相として「コロナ対策に専念したい」ということで総裁選への不出馬を決めたようだ。

 ただ、ボクとしてはいい引き際だと思う。任期満了で退くわけだからね。内閣の不信任決議案が出されたわけじゃないし。支持率が低迷していたから、ここぞとばかりに批判的な報道ばかりだけど、もっとポジティブな見方もあっていいと思うんだけどね。

 実際、体調不良で辞任した安倍晋三前首相の後を継いで、菅さんは昨年の就任からけなげに働いたよ。体を壊した若旦那の代わりに、番頭が一生懸命に頑張ったんだ。任期内でデジタル庁発足だって果たしたし、賛否両論が巻き起こる中で東京五輪とパラリンピックの開催にも尽力した。立派じゃないか。まあ、支持率は回復しなかったけど。

 菅さんの支持率が下がった一因は、新型コロナウイルス対策だ。収束させて経済活動を本格的に再開させる筋道をつくれなかった。

関連ニュース