記事詳細

79歳女性を撲殺した疑いで長崎大生を逮捕 「殺せる人を探した」という趣旨の供述

 佐賀県鳥栖市で、女性(79)を鈍器で殴り殺害したとして、殺人の疑いで、県警に逮捕された長崎大薬学部4年、山口鴻志容疑者(25)。「殺せる人を探していた」という趣旨の供述をしているというから身の毛もよだつばかりだ。

 逮捕容疑は10日午後1時すぎ、鳥栖市酒井東町の住宅敷地で無職、大塚千種さんの頭部を鈍器で複数回殴り、外傷性くも膜下出血による脳機能障害で殺害した疑い。

 県警によると、殴ったことを認め「殺してしまうかもしれないと思ったが、確定的な殺意はなかった」と供述している。

 山口容疑者は13日になって大分中央署に自首。「とんでもないことをしてしまった」と話したという。所持していたリュックには柄が37~38センチ、金属部分の長さが約12センチのハンマーがあった。

関連ニュース