記事詳細

中国外務省、自民党総裁選候補者に「中国持ち出すな。政治的な騒ぎ立てであり、無意味だ」と批判

 中国外務省の趙立堅報道官は14日の記者会見で、自民党総裁選の候補者に関し、「日本の政治屋は中国を持ち出してものを言うのをやめるべきだ。政治的な騒ぎ立てであり、無意味だ」と批判した。

 岸田文雄前政調会長は、新疆ウイグル自治区などでの人権侵害を念頭に人権担当の首相補佐官を新設すると表明。

 高市早苗前総務相は、首相就任後も中国が反発している靖国神社参拝を続けるとしている。 (北京 共同)

関連ニュース