記事詳細

高市氏の支持“急拡大”政策・理念の一貫性で突出 河野氏と出馬表明会見の動画再生回数でも大差 自民総裁選きょう告示「次のリーダー」選択の行方 (1/4ページ)

 自民党総裁選は17日午前に告示され、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、河野太郎行革担当相(58)、野田聖子幹事長代行(61)の4氏が立候補を届け出る。党内7派閥のうち6派閥が事実上の自主投票となる。前哨戦では、世論調査で人気のあった河野氏が「持論封印」や「パワハラ問題」などで伸び悩む一方、政策や理念を明確な言葉で訴える高市氏への支持が拡大しているようだ。日本の「次のリーダー」は、新型コロナウイルス対策や経済成長、中国や北朝鮮の軍事的脅威など、国内外の難題に立ち向かう能力と覚悟が求められる。投開票は29日。自民党の選択が注目される。

 「コロナ禍の中、国民の命と生活を守り、経済を活性化する為の具体的な政策を示し、日本の主権は守り抜くとの確固たる決意と、国家観を力強く示した高市早苗候補を支持いたします。世界が注目しています。皆さま宜しくお願い申し上げます」

 安倍晋三前首相は16日夜、こうしたツイートを、高市氏の出馬会見の写真とともに発信した。これまで、出身の細田派幹部を通じて「高市支持」を伝えていたが、ついに前面に出てきた。

 高市氏は、これまで総裁選に出馬経験がないため序盤戦の世論調査では、岸田氏や河野氏に大きくリードされていた。

 ところが、「日本を守る責任と未来を開く覚悟を持って、立候補を表明します」と語り始めた8日の出馬会見は、安全保障政策やコロナ対策、経済強靱(きょうじん)化、外交、福祉、憲法など、約1時間50分、圧倒的な政策力と気迫を披露した。途中、怒号まがいの質問もあったが、落ち着いて対処し、炎上もなかった。

関連ニュース