記事詳細

橋下徹氏vs8割おじさん、有識者批判合戦 宣言前の水準まで感染者減 橋下氏「言うこと信用できない」、西浦氏「不都合なものからなじり逸らしている」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染状況が日に日に改善している。東京都や大阪府などの新規感染者数は緊急事態宣言前の水準まで減少し、重症者も減り始めた。8月から9月にかけて感染爆発するという試算とかけ離れた結果となっていることで、一部の専門家が矢面に立っているが…。

 

 東京の20日の新規感染者は302人で、7月5日以来500人を下回った。入院患者は前日比30人減の2406人、うち重症者は2人減の169人となった。

 大阪府の同日の新規感染者は268人で、7月24日以来の300人割れとなった。全国の新規感染者も2224人で、3000人を下回るのは7月19日以来となった。

 月曜日は新規感染者の発表が減る傾向があるうえ、3連休中という事情はあるが、減少が続いていることは朗報だ。

 7月時点の政府の新型コロナ分科会では、東京の感染者数が8月下旬には1万人を上回るとする「8割おじさん」こと西浦博・京大教授らの試算が紹介されていた。最も厳しい予測として8月末に3万人を超えるとの数字も報じられ、西浦氏はインタビューなどでたびたび政府の対応を批判、東京五輪やパラリンピックの中止を訴えていた。

関連ニュース