記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】テレビ局も朝日も野党もなんで知らんぷりやの? 総裁選出馬、野田聖子氏夫の週刊誌報道 露中朝韓に立ち向かい腐れケンポー変える候補選んでいただきたい (2/2ページ)

 あっ読めたで…野田センセが中朝韓べったりの二階俊博幹事長の忠実な手下やからか? せやから夫が元反社なんて“小さいこと”は知らんぷりか? 同じ女性候補でも中朝韓に厳しい態度で臨むと公言しとる高市センセの足は引っ張るんやな。エエんか、そんな不公平、不平等なことで。

 それからや、最後に秋篠宮家の眞子さまにも平民のワシから言わせてもらうで。今の腐れケンポー下では、眞子さまを押しとどめるすべはない。誰がハンタイしようが、結婚は両性の同意の下で…といわれたら認めるしかないのである。

 それでもや。エエんか? あの男が義理とはいえ、将来の天皇陛下の「兄」になるんやで。日本人として黙っとられるかい!

 まぁ次の自民党総裁には露中朝韓という「敵」の侵略者に毅然(きぜん)と立ち向かい、今度こそ腐れケンポーをガラリと変えるという気概を持った候補を選んでいただきたい。ほしたら次の総選挙で自民党が野に下る心配もなくなるやろ。

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

関連ニュース