記事詳細

【日本の元気 山根一眞】日本唯一の「雑誌図書館」を守りたい 「大宅壮一文庫」がなければ取材や執筆は成り立たない (1/2ページ)

 1923(大正12)年9月1日、相模湾を震源とする関東大震災が発生した。東京都心は大火災に見舞われ、首都は壊滅。死者・行方不明者は10万5000人。その犠牲者の87%が焼死という生き地獄だった。

 その関東大震災を予測し、想定焼失戸数や死者数を18年前の1905(明治38)年9月に発表した偉大な地震学者がいた。今村明恒(1870~1948年)だ。

 雑誌『太陽』(博文館)に「市街地に於る地震の生命及財産に對する損害を輕減する簡法」という一文を寄稿したが、一般向け雑誌であったため大反響があり、その後「ほら吹き」という批判にさらされることにもなった。2013年には『関東大震災を予知した二人の男 大森房吉と今村明恒』(上山明博著、産経新聞出版発行)という名著が出ているが、『太陽』の記事は、一部引用のみだった。

 同様に件の記事を引用した論文は多々あったが、オリジナルの全文が読みたかった。そこで『太陽』の該当号を探したが図書館にも古書店にもない。116年前の雑誌ゆえ無理もないが、日本唯一の雑誌図書館、大宅壮一文庫(東京都世田谷区八幡山)の『大宅壮一文庫所蔵目録』(今年5月刊行、収蔵雑誌1万2700種のリスト、全775ページ)を見たところ、あったのだ!

 早速問い合わせたところ、「肝心の162ページが切り取られておりオリジナルの提供ができません」という。大宅壮一氏が古書店で購入した段階ですでに切り取られていたのだろう。残念だった。

関連ニュース