記事詳細

「岸田首相」誕生の悲願達成と“開成人脈”の存在感 財務省は特にOB多く「言うことを聞きすぎる」との指摘も (1/2ページ)

  第100代首相に選出された岸田文雄氏は、40年連続で東大合格者数首位という全国屈指の進学校、開成高校出身者で初の首相となった。OBにとっては悲願達成といえるが、新政権を支える顔ぶれにも「開成人脈」が存在感を示している。

 

 東京の名門私立「男子御三家」のうち、麻布出身者は橋本龍太郎氏と福田康夫氏、武蔵出身者は宮沢喜一氏が首相となったが、開成出身者はこれまでいなかった。

 開成高OBで弁護士の久保利英明氏は「開成には頭がいいという印象もあるかもしれないが、自由な校風が特徴だ。OBに二世議員も少ないが、その中で開成を選んだ岸田氏が首相に就任したことは喜ばしい」と話す。

 岸田氏は千代田区立麹町中学から開成高に進学。硬式野球部では線が細かったが、二塁手のレギュラーになった。岸田氏の後輩は2005年夏の東東京大会でベスト16に進出し話題を呼んだ。

 岸田氏の高校時代のニックネームは「ボクらのパパ」だった。17年に設立された開成高OBの政治家やキャリア官僚による同窓会「永霞会(えいかかい)」の初代会長にも就任した。「開成魂を再確認し、日本の未来について研鑽(けんさん)を磨く場」という趣旨の永霞会だが、OBから初の首相誕生という悲願に向け、岸田氏を盛り上げる舞台装置との見方もついて回った。

関連ニュース