記事詳細

連合・芳野会長「閣外協力はあり得ない」 立民・共産合意に異論

 連合初の女性トップとなった芳野友子会長が就任早々、存在感を発揮した。連合が支援する立憲民主党が次期衆院選で政権交代を果たした場合、共産党から「限定的な閣外協力」を得ると合意したことをめぐり、7日の記者会見で「共産党の閣外協力はあり得ない」と明言したのだ。

 連合は、衆院選の基本方針で「共産党を含む野党共闘にはくみしない」ことを確認している。

 芳野氏は会見で、「連合が推薦する立民候補者の選対に共産党が入り込んで、両党合意を盾に、さらなる共産党政策をねじ込もうという動きがある」と指摘した。

 同席した松浦昭彦会長代行も「今後の動き次第で、(立民候補への)推薦を取り消すケースもある」と説明している。