記事詳細

ピークから2ヶ月で収束状態、日本ついに“ゼロコロナ”へ 中国では“感染再拡大”11の省・直轄市・自治区に波及 政府が危機感表明 (1/2ページ)

 日本で「ゼロコロナ」が実現しつつある。東京都の新型コロナウイルス新規感染者は24日時点で19人と今年最少を更新、死者の報告はなかった。全都道府県の約3分の1にあたる16県で新規感染者が0人となり、ワクチン接種などコロナ対策の成果が明確に表れた。

 東京の新規感染者が20人を下回るのは昨年6月17日以来。直近7日間を平均した1日の新規感染者数は31・3人に減り、前週比でほぼ半減するペースが続く。

 緊急事態宣言が解除されて3週間以上経過したが、都内の新規感染者数は2桁の日が増え、入院患者数や重症者数も減少傾向が続いて医療提供体制の負担も大幅に緩和されている。

 全国の新規感染者は236人。大阪府が38人、愛知県と北海道が18人だったが、いずれも前週より減少した。首都圏でも千葉県が2人、埼玉県が6人だった。

 秋田、岩手、宮城、山形、福島、茨城、山梨、福井、和歌山、鳥取、島根、徳島、長崎、熊本、宮崎、鹿児島の16県で感染報告がなかった。

 8月には新規感染者が東京で5000人、全国で2万5000人を超えていたが、感染の波はピークから約2カ月で収束状況となった。

 埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪の各都府県が飲食店に要請していた営業時間短縮が25日に解除された。沖縄県は11月1日の解除予定で、全国的に酒類提供制限などがほぼなくなり経済活動再開への大きな節目となる。

関連ニュース