記事詳細

【衆院選2021年秋】「国会の景色を変えてください」蓮舫氏が菅元首相を後押し 石破元幹事長は長島氏推し (1/2ページ)

 立憲民主党の蓮舫代表代行が29日、東京18区(武蔵野市、府中市など)で14選を目指す菅直人元首相の応援に駆け付けた。一方、自民党は石破茂元幹事長が同日、長島昭久元防衛副大臣の応援に参戦した。全国屈指の激戦区とあって、両党とも最終盤まで大物弁士を投入した。

 「この9年間、そろそろ総括しませんか」「野党に力をください。国会の景色を変えてください。私たちに仕事をさせてください」

 蓮舫氏は京王線府中駅西口で、100人近い聴衆に向かって、かすれ気味の声を張り上げた。

 菅氏が厚相当時に表面化した薬害エイズ事件に絡め、蓮舫氏は「薬害エイズ(のような事態)は絶対に許してはいけない。命にかかわる問題だから。だから菅直人さんなんです」と訴えた。

 これに対し、自民党は石破氏が同じ駅前でマイクを握り、「自分の国を自分で守る努力をしない国を米国は助けたりなんかしません。長島昭久は日本のために必要な人間です」と力を込めた。100人以上集まった聴衆からは拍手が飛んだ。

関連ニュース