記事詳細

立民代表選、早くも混戦模様「共産党切り捨て」は? 大串氏、馬淵氏…絶対的な後継候補存在せず 年内にも実施

 立憲民主党の枝野幸男代表(57)が辞意表明したことを受け、12月までに行われる代表選が混戦模様だ。絶対的な後継候補が存在せず、自薦他薦で複数の名前が浮上している。来年夏の参院選を見据えて、代表選では「勝てるリーダー」とともに、衆院選惨敗の一因となった「共産党との共闘路線」を継承するかも焦点となりそうだ。

 「わが党は、その場の空気感に頼った選挙をしてきた。地方組織もガタガタで、負けは当然だ」「(代表選は)野党第一党の『代表の器』を考えるべきだ」

 立憲民主党のベテランA氏は、こう語った。

 現時点で、小川淳也元総務政務官(50)に加え、大串博志役員室長(56)が3日、新たに立候補を検討していることを明らかにした。泉健太政調会長(47)や、馬淵澄夫元国交相(61)、玄葉光一郎元外相(57)も浮上している。

 立憲民主党は衆院選で「政権交代」を訴えながら、公示前の110議席から96議席に減らした。国会審議でスキャンダル追及が目立った、辻元清美副代表や、今井雅人、黒岩宇洋、川内博史各氏らは軒並み落選した。最大の支持組織である連合の反発を買った共産党との共闘を含め、新代表はどう対応すべきか。

 前出のA氏は「まずは連合傘下で国民民主党寄りの産別労組を、立憲民主党側に来るよう個別に説得する。政権交代すれば共産党から『限定的な閣外協力』を得る、との合意はすぐには解消できない。それでも路線を右寄りにも広げ、いずれ共産党と自然と距離を置き、決別したとの印象を国民に示さないと参院選はもたない」と語る。

 国民はそれで理解するのか。

関連ニュース