記事詳細

維新・国民民主が連携強化 9日にも両党幹事長、国対委員長会談を開催 注目の憲法改正に「一部保守層のガス抜き」と維新・吉村氏

 日本維新の会と国民民主党は、国会運営での連携を強化するため、9日にも両党の幹事長、国対委員長会談を開催する。国民民主党の玉木雄一郎代表と、維新の吉村洋文副代表(大阪府知事)が7日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で明かした。

 玉木氏は「『改革中道』のポジションが大事だ」「改革を進めていくところは維新に賛同するところも多い」「火曜日(9日)にも両党の幹事長・国対委員長でどうしていくか、顔合わせ、話し合いをスタートすると聞いている」と語った。

 吉村氏も「国民民主党の皆さんとは非常に価値観が近いところがある。個々の政策や、法案などを実現するために協力していくのが非常に重要だ」と応じた。

 注目の憲法改正について、玉木氏は「衆参両院の憲法審査会は毎週開いたらいい。議論するために(国会議員の給料に当たる)歳費をもらっている。開かない選択肢はない」と語った。

 吉村氏は、自民党について「『改憲は党是』と言いながら、一部の保守層のガス抜きでやっている。本気で改憲するなら、われわれも本気で付き合う」と指摘した。

関連ニュース