記事詳細

【沖縄が危ない!】台湾有事の日本波及は明らかだが…政府対応は抑制的 玉城デニー知事は中国人観光客誘致のため黙して語らず (1/3ページ)

 習近平国家主席率いる中国軍による、台湾や日本への特異な行動が続いている。今年すでに、軍用機延べ約680機を台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入させたうえ、日本の衆院選に合わせるように10月17~23日、中国とロシアの海軍艦隊が日本列島をほぼ一周した。ジェイク・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は7日、台湾への軍事的圧力を強める中国について「一方的な現状変更に反対する」と強調した。「台湾有事」は「沖縄有事」「日本有事」に直結する。国境の島々が抱える危機感とは。沖縄県・石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」編集主幹、仲新城誠氏が迫った。

 日本最西端の与那国島(与那国町)は、台湾との距離が111キロと近く、晴れた日には肉眼で台湾が見えるとされる。台湾が戦場になれば与那国島はもとより、同じ八重山諸島の島々が巻き込まれるのは目に見えている。

 だが、中国の習主席は「必ず台湾を統一する」と公言。台湾のADIZに延べ数百機の軍用機を進入させるなど、軍事的圧力を強めている。

 沖縄県民にとって台湾有事が決して他人事ではないのは、中国が台湾への威嚇行為と並行して、尖閣諸島(沖縄県石垣市)侵奪の動きを強化しているからだ。

関連ニュース