記事詳細

【沖縄が危ない!】岸田政権は地元の声を「戦略的カード」として使え! 政府に望む中国に対する「したたかさ」 菅政権は尖閣諸島への標柱設置申請をスピード却下 (1/2ページ)

 沖縄県石垣市は今年9月3日、尖閣諸島に字名を刻んだ「標柱」を設置するため、当時の菅義偉政権に上陸を申請したが、2週間でスピード却下された。岸田文雄首相も10月12日の衆院代表質問で、「総合的に勘案した結果、上陸を認めない」と述べ、前政権の方針を踏襲した。

 政府の決定を「弱腰」「無策」と非難するのは簡単だ。実際、石垣市民として私もそう感じる部分はある。

 だが、即時の上陸がかなわない以上、現時点では、地元が「尖閣諸島の実効支配を強化せよ」と声を上げ続けることに意義がある。政府にプレッシャーをかけ続けることが、結局は中国の覇権的行動を抑止することにもつながるからだ。

 政府も本音では、地元の盛り上がりを望んでいると信じたい。政府には地元の声を中国に対する「戦略的なカード」として使い、相手の行動をエスカレートさせない「したたかさ」を望む。

 もちろん、政府が尖閣を守るポーズだけ示せばいいのではない。いずれは必ず市民が上陸し、自らの手で標柱設置を実現させる。要はタイミングの問題だけだと理解している。

 尖閣周辺海域では、中国海警局の艦船が「領海パトロール」と称し、4隻体制で常時尖閣を監視している。周辺に出漁する日本漁船を追尾し、操業を妨害する行為も日常化している。

 緊張状態は、2012年の日本政府(民主党政権)による尖閣国有化以来、もう10年近くも続く。

 業腹ではあるが、中国の姿勢にも「さすが」と思えるところはある。尖閣を確実に侵奪するため、10年、20年という長期的なスパンで物事を考えられることだ。政権交代を考慮する必要がない一党独裁体制ならではの強みである。

関連ニュース