記事詳細

文通費「1日100万円」の“議員特権”に猛批判! 10・31当選の新人ら121人にも満額支給 維新は全額寄付へ 識者「常識的にはおかしい」 (1/2ページ)

 「1日で100万円支給問題」が永田町を騒がせている。国会議員には議員歳費とは別に、公の書類の発送費用や通信費、交通費として毎月100万円の「文書通信交通滞在費」が支給される。これが10月31日投開票の衆院選に当選した新人や元職議員121人にも10月分が満額で支払われたといい、「議員特権」との批判もある。

 「10月分? 選挙の投開票日が10月31日なんだけど。どうやら1日だけでも国会議員の身分となったので、10月分、100万の札束、満額支給らしい。領収書不要。非課税。これが国会の常識。おかしいよ」

 大阪府知事で日本維新の会副代表の吉村洋文氏は13日、SNSにこう投稿した。

 きっかけは、衆院選比例東京ブロックで初当選した維新の小野泰輔議員が投稿サイト「note」で文書通信交通滞在費に関する文書を公開したことだった。吉村氏が引用したほか、維新創設者の橋下徹元大阪市長らも異論を唱えた。

 文書通信交通滞在費は使途の報告義務はなく、領収書を添付する必要もない。年間1200万円が支給されるため、国会議員の“第二の給与”ともいわれる。

 衆議院事務局広報課によると、通常は月に2回振り込まれるが、先の衆院選で当選した97人の新人議員および元職24人の計121人には、特別国会が召集された11月10日に10月分が満額支給された。引退議員や落選した前議員にも10月分の100万円が支払われ、返却等も不要だという。

関連ニュース