記事詳細

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】いまだナゾ多い「深発地震」 小笠原諸島西方沖で、震源が世界一深い751キロメートル観測 (1/2ページ)

 世界で一番深い地震が精密な解析でこの夏に分かった。深さは751キロメートル。これは余震で、本震は深さは680キロメートルでマグニチュード(M)は7・9。本震の深さもいままでの記録を塗り替えた。震央(震源の真上の地点)は小笠原諸島西方沖だった。

 本震は2015年5月に起きたが、震源が深かったので被害は少なかった。小笠原や神奈川・二宮で震度5強を観測したほか震度4だった首都圏を中心に1万9000台のエレベーターが緊急停止し、うち14台で利用者が閉じ込められた。

 だがMが大きく、47都道府県のすべてで有感地震の揺れ(人が感じる大きさ)が記録された。これは気象庁が1885年に地震の観測を開始して以降初めてのことだ。

 地震学では300キロメートルよりも深い地震を「深発地震」としているが、地震はほとんどが浅いところで起きる。1976年から2020年までに記録された約6万回の中・大規模地震で、70キロメートル以深で発生した地震は18%に過ぎず、300キロメートル以深で発生したのは、わずか4%にすぎなかった。

 地球の半径は6300キロメートルもあるから、深発地震でもサッカーボールの縫い目の深さくらいだ。

 世界には何カ所か、深発地震が起きる場所が知られている。

 たとえばロシア・ウラジオストックでは1973年に起きた深さ575キロメートルで地震が起きた。Mは7・2だったが、ロシアでは有感ではなくて日本の太平洋岸で広く震度3を記録した。この地震は日本の東にある日本海溝から潜り込んだ太平洋プレートの先端が起こしたものだ。

 ウラジオストック近辺はMの大きな深発地震がよく起きるところで、このほかにも77年にM7・6、94年にはM7・6、2002年にもM7・2の地震が起きている。

関連ニュース