記事詳細

IOC、北京五輪開催へ“火消し”に躍起?  中国テニス選手“失踪”めぐりバッハ会長「無事を確認した」 「開催国の適格性」疑う声も (1/2ページ)

 中国の張高麗元副首相(75)から性的暴行を受けたと告白した後、消息を絶っていたテニスの女子ダブルス元世界ランク1位、彭帥(ほう・すい、35)をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)は21日、トーマス・バッハ会長(67)が同選手との30分間のビデオ通話で「無事を確認した」と発表した。北京冬季五輪の開催国としての適格性を疑う声も出るなか、火消しを図る狙いもうかがえる。

 

 IOCは彭帥の現状について「北京の自宅で安全かつ元気にしているが、今はプライバシーを尊重してほしい、と彼女は説明した」とし、バッハ氏と笑顔で通話する様子を収めた写真とともに「彼女は今は友人や家族と過ごすことを望んでいる。しかし大好きなテニスには関わっていく」と強調した。

 通話にはIOCの李玲蔚委員(中国)とエマ・テルホ選手委員長(フィンランド)も参加し、テルホ氏は「元気にしているのを見て安心した。リラックスしているように見えた。支援や、彼女の都合が良い時に、いつでも連絡を取り合うことを申し出た。彼女は明らかに歓迎していた」とコメントしたが、バッハ氏の談話は出さなかった。

関連ニュース