記事詳細

木下富美子都議辞職へ 選挙区である板橋の商店街まで「辞めろ」一色だった (4/4ページ)

 そうしてこの取材から約一週間後の11月22日、木下都議は辞職の意向を固めた。都ファもさすがにイメージダウンを蒙りかねず、特別顧問の小池東京都知事自ら会見で暗に引導を渡した形だ。当選時には党員だったわけで「もう、うちの議員じゃありませんから」は通用しなかったということだろう。

 また当の木下都議、申し訳ないが無免許運転7回で起訴されていたのを隠して当選はさすがに無理だ。区民どころか国民の怒りをよそに騒動を引っ張りすぎた。議員生活だけでなく、今後の人生を考えても、ひたすら悪手を繰り返しているようにしか見えなかった。

 この件は彼女の辞職で終わりかもしれないが、おかげで都議会の問題点が露呈したことも確か。体調不良を理由に議会を欠席し、都議会の召喚状も辞職勧告決議も無視、開き直れば少なくとも1年はリコールされることがない議員。伝家の宝刀、地方自治法135条における強制的な除名も議会内での事案に限るので交通事故には当てはまらない。それでも支払われてしまう報酬制度も含め、今後見直すべきだろう。

 【プロフィール】

 日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社を経てフリーランス。全国俳誌協会賞、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞(評論部門)受賞。著書『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社・共著)、『評伝 赤城さかえ 楸邨、波郷、兜太から愛された魂の俳人』(コールサック社)他。

NEWSポストセブン

関連ニュース