記事詳細

日米「台湾重視」の姿勢で連携 米議員団が訪台 安倍元首相もリモート講演 識者「安倍氏の貢献は大きい」 (1/2ページ)

 中国が軍事的圧力を強める台湾情勢をめぐり、米国との日本の議員らが「台湾重視」の姿勢を示した。台湾外交部(外務省)は25日、米国のマーク・タカノ下院議員(民主党)ら超党派の議員5人を含む17人の一行が同日、米軍機で台湾入りしたと発表した。米議員団の訪台は今月2度目となる。日本の安倍晋三元首相も来月1日、台湾に向けて「新時代の台日関係」と題するリモート講演を行う。

 「台湾の最高幹部と会談し、米台関係や地域の安全保障、その他、相互に関心のある重要な問題について話し合う」

 ロイター通信などによると、在台米大使館は米議員団の訪台目的を、こう説明しているという。

 台湾メディアは、議員団一行は滞在中に蔡英文総統と会談するほか、国防部(国防省)を訪問すると報じた。

 ジョー・バイデン米政権は来月9、10日、オンライン開催する「民主主義サミット」に台湾を招待するなど、台湾シフトを強めている。今月9~11日には、共和党のジョン・コーニン上院議員ら超党派の上下両院の議員12人が訪台し、蔡総統や邱国正国防部長(国防相)らと会談した。

関連ニュース