記事詳細

「恨みあった」歌舞伎町ビル屋上、男性集団暴行死 26歳と18歳の少年2人を逮捕

 東京・歌舞伎町のビル屋上で男性が倒れているのが見つかり、その後死亡した事件で、警視庁捜査1課は29日までに、傷害致死の疑いで住所、職業不詳、関口寿喜容疑者(26)と18歳の少年2人を逮捕した。捜査1課によると、死亡したのは、住所、職業不詳、氏家彰さん(43)と判明した。

 逮捕容疑は27日ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目のビル屋上で、氏家さんに暴行を加え、死亡させた疑い。3人は容疑を否認する一方で「(氏家さんに)恨みがあった」と話しているという。

 関口容疑者らは若者の間で「トー横」と呼ばれる歌舞伎町の広場に集まる知人とみられる。同課は氏家さんとのトラブルの有無や事件の具体的な経緯を調べている。