売り手と買い手を装い劇場型の手口をまじえ ソフト詐欺

★投資関連のソフト詐欺商法

2013.09.03

 コンピューターは大きくハードウエアとソフトウエアに分けられる。ハードウエアはパソコンなどのコンピューター本体のことで、それを動かすためにプログラミングされたデータをソフトウエアという。

 たとえば、文書作製ソフトのワードや、表計算ソフトのエクセルなどがよく知られている。だが、ソフトは中身が見えないため、さまざまな詐欺や悪質商法に利用されてしまいがちである。

 以前に、パソコンに偽のエラーの画面を表示させて消費者を不安にさせ、それを解消するための修復ソフトをダウンロードの形で購入させる手口があった。その他にも投資関連のソフトの購入を持ちかける手口が横行している。

 業者に雇われた販売員が、ネット上のコミュニティーサイト(SNS)でメッセージのやりとりをした後、外で会い、恋人のように振る舞いながら、100万円ほどの高額な投資用ソフトを売りつけたとして、大阪府警はこの業者を詐欺と特定商取引法違反容疑で逮捕している。

 この業者はデート商法の手口をからめて、約1000人から9億円以上を集めていた。これ自体は、若者を狙いうちにした手口であるが、以前からある騙しの手立てと合わせて投資ソフトなどの購入を持ち掛けるケースは多い。

 大分県の50代の女性のもとに、為替取引で儲けられるという投資ソフトを紹介するパンフレットが送られてきた。それと同時に、新たな業者からそのソフトを倍の値段で買い取りたいという電話がかかってきた。投資ソフトは190万円ほどだが、女性は繰り返し注文をしてしまい、3000万円を超えるお金を払った。商品自体は届いたものの、買い取るという業者からの連絡は途絶えてしまった。

 また、宮崎県の60代女性も同様の手口で、FX(外国為替証拠金取引)ソフトを高値で買い取るからといわれ、ソフトの購入代金の約440万円をだまし取られている。

 これは投資ソフトの購入を口実に、振り込め詐欺でよく使われる売り手と買い手を装う劇場型の手口をまじえた詐欺である。今後も、ソフト購入を口実にした新たな手口が出てくる恐れは十分にあるので、注意をしなければならない。

 ■多田文明(ただ・ふみあき)1965年生まれ。ルポライター。詐欺・悪徳商法を数多く潜入取材。洗脳・カルトにも詳しい。9月に新著「おいしい話に、のってみた “問題商法潜入ルポ”」(扶桑社)刊行。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!