【尖閣国有化1年 国境の島が危ない】日台漁業取り決めの“重い代償” 頭越しの締結に沖縄漁業者が激怒! (1/2ページ)

2013.09.06

★(4)

 「漁業者1人ひとりの声をうかがう機会がなかった。非常に申し訳ない」

 沖縄県石垣市の八重山漁業協同組合で4月20日、水産庁の本川一善長官は陳謝した。日本と台湾の「漁業取り決め」が、八重山の漁業者の頭越しに締結されたのだ。尖閣諸島問題で、中国と台湾の共闘を封じるために政府が打った手だが、地元漁業者はマグロ好漁場を突然、台湾に奪われ、怒りが収まらない。

 昨年9月、尖閣国有化に反発した台湾の漁船団約40隻と台湾の巡視船が領海侵犯した。尖閣周辺を航行する中国公船は台湾船を後方支援する動きを見せ、日本側を慌てさせた。

 ただ、台湾の狙いは領有権というより漁業権の主張だ。中国とは違い妥協の余地がある。日本政府は台湾漁業者の不満を抑えるため、取り決め締結を急いだ。その結果、石垣島と尖閣の間にあるマグロ好漁場を、台湾漁船に無制限に開放したのだ。

 ところが、地元漁業者は締結後に初めて取り決めの中身を知った。怒りの声が沸き上がったのは言うまでもない。

 数で圧倒する台湾漁船は、以前にも地元漁業者のはえ縄を切断したり、漁具を損壊したりするトラブルを頻発させていた。ここ数年、水産庁が取り締まりを強化して台湾漁船を締め出しため、ようやく安全操業が実現できたところだったのだ。

 5月の取り決め発効後、トラブルを恐れる地元漁業者は周辺海域への出漁を自粛。地元漁業者は「マグロ好漁場を台湾に実効支配されてしまった」と憤る。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!