【美人女医が教える健康法】一杯で疲れが吹き飛ぶ“魔法の飲みもの”

2013.10.01


石原新菜医師【拡大】

 今年の夏の暑さは本当に厳しかったですね。気温と湿度が高い日がつづき、体力を奪われてダウンしてしまった人、反対にクーラーで体を冷やしてしまったという人も多いのでは。今回は、夏に崩れた体調を整えて、元気に秋を過ごしたい人にぜひおススメしたい“魔法の飲みもの”をご紹介しましょう。それは「ショウガ紅茶」です。

 ショウガには体を温める効果があります。体温が上がると、汗が出やすくなり、血行もよくなります。すると、血液の汚れがとれるのです。さらに、消化機能も促進されるため、夏バテで弱った胃腸の回復にも効果的。ショウガは、食欲がなくてグッタリしている人にはピッタリの健康食材です。一方、紅茶にたっぷり入っている成分・カフェインには利尿作用があります。ショウガにも排尿を促す作用がありますから、紅茶と合わせるとダブルの効果があるんですよ。

 水は体を冷やします。体に水がたまると、むくんでしまいますし、ときには病気の原因になったりします。そこで、ともに水分を体から排出するショウガと紅茶を合わせたショウガ紅茶が抜群の効果を発揮してくれるのです。冷え性、むくみはもちろん、便秘や下痢、コリや痛み、高血圧、狭心症にも効果があります。

 さて、ショウガ紅茶の作り方は簡単です。擦りおろしたショウガを紅茶にいれるだけ。そのとき、ショウガの皮は剥かないようにしてください。皮と皮付近には、さまざまな成分がたっぷり含まれているからです。飲み終えた時に、ちょっぴり辛めのショウガがカップに残りますが、それも飲み干してくださいね。辛みが苦手な人は黒砂糖を足してみてください。黒砂糖には滋養強壮作用ありますので元気が出てきます。

 ただ、外出先やオフィスでショウガを擦りおろすのもなかなかむずかしいですよね。そこでおススメしたいのが、ウルトラ“蒸しショウガ紅茶”です。前回、ご紹介した蒸しショウガの粉末を紅茶にサッと入れるだけ。これなら、いつでもどこでも手軽にショウガ紅茶を楽しめます。

 食欲の秋は食べ過ぎが気になるという人もいらっしゃいますよね。ショウガと紅茶は体を温めて代謝を上げてくれます。痩せやすい体になって効率よくダイエットしたいという人にもってこいですよ。

■石原新菜(いしはら・にいな) 1980年6月長崎市生まれ。イシハラクリニック副院長。医学生の頃から、父の石原結實氏とともにメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、イギリスのブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。2006年に帝京大学医学部を卒業後、大学病院での研修医を経て、イシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とする診療を行う。とくに蒸しショウガによる温め健康法の免疫力アップに着目する。現在、クリニックでの診察をはじめ、テレビ、雑誌などで活躍中である。2児の母でもある。近著「病気にならない 蒸しショウガ健康法」が好評発売中だ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!