【誇れる国、日本】“沈黙していてはダメ” 安倍首相は意識改革に着手 (1/2ページ)

★(9)

2013.10.06

 私は先週、人生で78カ国目となるパキスタンを訪問してきた。最大の都市カラチで、「エキスポ・パキスタン」が開催されるのに合わせて、同国政府から特別に招待されたのだ。

 ジンナー国際空港に着くと、そこは別世界だった。英国統治時代の名残を感じさせる街並みだったが、イスラム原理主義勢力タリバンが跋扈(ばっこ)する隣国アフガニスタンの影響もあり、治安状況は良くなかった。

 会場へは、白バイ先導で、自動小銃を持つ4人の武装警官に護衛されて車で移動した。同国の財閥、ハシュワニ氏との会見には、爆弾テロに対応した防弾車が送迎してくれた。ホテルに入るのにも、離れた場所に車用と人間用の検問所が設置され、爆弾検知犬などのチェックを受けた。

 日本人には「空気と水と安全はタダ」という意識があるが全く違った。ただ、日本への好感度は非常に高かった。

 マムヌーン・フセイン大統領主催の、約1000人が集うパーティーでは、大統領と同じテーブルで唯一の日本人として楽しんだ。予定していたカーン商業大臣との「ビッグトーク」も行った。日本や日本製品への信頼は絶大だった。

 さて、私がパキスタンを訪ねていたころ、安倍晋三首相は国連総会出席のためにニューヨークを訪問していた。

 安倍首相は当地での演説で「積極的平和主義の担い手になる」と宣言。中国や韓国が「戦争の道を目指す右翼」などと批判していることについて、中国が20年以上も国防費2ケタ増を続けている事実を指摘して、「私を右翼・軍国主義者と呼ぶのであればどうぞ」と余裕を見せた。

 日本はこれまで、中韓両国に「日本は悪い国だ」などと理不尽なことを言われても、黙って耐えてきた。日本の沈黙を良いことに、両国は自国の利益のため、日本を貶めるために、事実でもない南京大虐殺や従軍慰安婦などの謀略工作を激化させてきていた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。